2010年04月20日

歩くために歩くのだ

数日前の午前十一時。
家の近所(板橋区)を歩いていて、ふと気付いたのです。そういえば、この角を曲がった事ないなと。
曲がりました。
曲がった事のない角を曲がれば当然、見た事のない景色と歩いた事のない道が続いているわけで、その内に知っている場所に出るだろうと先に進めば、意外に初めて通る所ばかりで、畑を突っ切る幹線道路や寂れたドライブイン、廃墟と化したパチンコ屋といった典型的な日本の田舎の風景が出現するに至っては何だかもう嬉しくなってしまい、気が付けば埼玉県川越市に居ました。日が暮れかかっていました。
まだ少し寒いけど、晴れていて気持ちの良い天気だったから、そんな事になってしまったのだと思います。雨でも降っていれば、すぐに家に帰ったに違いないのです。
posted by まけあじ at 12:54| 塩瀬篤也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。