2009年11月18日

三河町

何を思ったか、半七捕物帳を読んでいます。
以前、北村薫と宮部みゆき編のちくま文庫のアンソロジーで読んでいたのですが、光文社文庫で全六巻買ってしまいました。
推理小説としてちょっとどうなのかという話も時々あるのですが、「架空の犯罪の記録」として非常に面白いのです。
すみません。それだけです。
posted by まけあじ at 10:10| 塩瀬篤也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。