2009年07月29日

第1回 落合南長崎映画祭

こんばんは。足利です。

7月25日、落合南長崎にて負味が主催する映画祭がひっそりと開かれました。
この映画祭は、前回公演『負味と申します。』に参加してくれたメンバーを中心に、みんなでオススメ映画を出し合って鑑賞しましょう、という企画です。
映画祭っていうか鑑賞会ですね…。

今回エントリーされた映画は6作品。
その中から審査員長である私が、推薦文を読んで独断と偏見により4作品まで絞り込みました。
出品する映画に関する条件は以下の2点だけです。
・2時間以内の作品
・なるべくみんなが観てなさそうな作品
上記さえ満たしていればジャンルや国籍は問わずなんでもOKです。

さて、見事一次選考を通過して、映画祭で上映された4作品は…

順番に紹介していきます。



マネキン Mannequin
アメリカ 1987年
前回公演に客演していただいた武孝太朗さんが推薦してくれた作品。
仕事を首になってばかりの冴えない青年と魂の宿ったマネキンが恋をするファンタジック・ラブ・コメディー。
登場人物がことごとくみんな馬鹿ですが、敵も味方も憎めないキャラばかりで安心して見れます。
八十年代らしい夢のあるキラキラしたお話でした。
最初の設定があまり生きてなかったのは残念ですが、そこはご愛嬌でしょうか。
この映画は、ひとりで観るより、みんなで観たほうが楽しめそう。


秒速5センチメートル
日本 2007年
岡庭さん推薦。今回唯一のアニメーション。
主人公が少年時代に経験した初恋の少女との別れから、大人になるまでを淡々と描いた作品です。
背景画が非常にリアルで、新宿とか知ってる場所が出てくるたびに反応してしまいました。
ピュアすぎるくらいピュアなストーリーは、個人的にはストライクゾーンなんですが、みんなで観るのは若干気恥ずかしさを感じました。
しかし問題は、あのラストの歌です。あれがすべてを台なしにしていたと思います。残念。


柔道龍虎房
香港 2004年
主宰塩瀬の推薦作。
変化球きました。香港アクションなのに柔道です。
ただし、設定以外は決して変化球ではなく、案外ちゃんとした友情物のお話。バイオレンスかと思いきや意外と爽やか。映像も無駄にスタイリッシュ。タイトルはB級っぽいが、中身はしっかり骨太な映画です。
しかし、なんでこの界隈の奴らはみんな柔道やってんのか。そもそもそれ本当に柔道なのか。疑問が沸くところはやはり香港アクションですね。


リトル・ストライカー There's Only One Jimmy Grimble
UK 2000年
映画祭ラストを飾るのは久保寺さんの推薦作品。
主人公はサッカー大好き少年。でも、試合では緊張して全然実力が出せない。そんなある日、謎のおばあちゃんから魔法のシューズをもらうのだが……。
奇をてらうことのないストレートで爽やかな映画です。これを日本でやったらただのベタベタな話ですが、イギリス人がやると妙な説得力があります。
ベタベタといっても、ひとつのシューズから、イジメや家庭環境など複合的な問題が解決していくストーリーは案外秀逸で、飽きずに観れました。


以上、見事にバラけた感じです。
個人的には、『リトル・ストライカー』以外は普段自分の意思で手に取らないような映画だったので新鮮でしたね。それぞれに見所があって楽しかったです。

そして…

鑑賞後におこなわれた投票の結果、第1回落合南長崎映画祭のグランプリは、武さん推薦の『マネキン』に決定しました!
武さんには賞品としてクラシック映画『砂漠の三銃士』のDVDがプレゼントされました。
おめでとうございます。

約7時間におよぶ長丁場でしたが、誰ひとり脱落することなく、静かな熱気と共に映画祭は幕を下ろしました。


posted by まけあじ at 09:27| 足利政紀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。