2009年11月22日

『武術』から『武学』へ

ブルース・リーの代表作『燃えよドラゴン』に、「究極の武術とは何か?」と師に問われて、リーが「型を持たぬことです」と答える場面があります。
今回ご紹介する「韓氏意拳(かんしいけん)」も、少なくとも外見上の特徴としては、この「型を持たない」ということが、挙げられるかもしれません。

『意拳』とは、近代中国において「国手(国を代表する達人)」と称された王郷斎(おうこうさい)が創始した武術です。王郷斎は、「半歩崩拳」、つまり踏み込んでの中段突きだけであらゆる相手を破り、生涯不敗を誇った伝説的な人物です。
その王の高弟の一人が韓星橋(かんせいきょう)。
『韓氏意拳』は、その名の通り、『韓一族が受け継いだ意拳』というわけですね。

意拳において最も重要にして白眉とされるのが、『站椿(たんとう)』と呼ばれる基礎練習です。
これは、目の前に球を抱えたような姿勢でただ「立つ」というもの。
立つ!
前回紹介した走圏の「歩く」よりもさらに根源的というか、(外見上は)もう動作ですらない。
そのため、韓氏意拳初学者の稽古風景は、もはやどこぞの気孔かヨガの教室かと見間違うほど平和に満ちております。はー。


芸術などと違って、武術の特徴は、「より明確なかたちで検証可能である」ということかもしれません。
韓氏意拳とは何か。まだ学び始めて二年目の自分が答えられることではないですが、ひとまず仮に定義するなら、
「武術という検証可能な手段を通じ、自然や、この世界の原理を体認してゆく学問」
ということになると思います。
先に紹介した站椿(たんとう)はそのための設問、一撃必殺の拳はその答えのようなものかもしれません。

わかりましたか?よくわかりませんね。
何はともあれ、どこか癒し系、スピリチュアル系の趣きさえ感じさせるこの『韓氏意拳』、しかしながら非常に学ぶ人を選ぶ武術かも。
手っ取り早くガシガシ殴り合いたい方には向かないでしょう。
自分の身体をフロンティアにして、静かに自然と語らいたい・・・そんなすこーし変わった方は、是非どうぞ!
posted by まけあじ at 21:35| 青木賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

三河町

何を思ったか、半七捕物帳を読んでいます。
以前、北村薫と宮部みゆき編のちくま文庫のアンソロジーで読んでいたのですが、光文社文庫で全六巻買ってしまいました。
推理小説としてちょっとどうなのかという話も時々あるのですが、「架空の犯罪の記録」として非常に面白いのです。
すみません。それだけです。
posted by まけあじ at 10:10| 塩瀬篤也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

公演のお手伝い中

制作の久保寺です。
当日制作を担当している公演のお知らせです。


大沢ゆかこ企画 vol.3
「竜洞秘聞 常世の祓刀」
りゅうとうひぶん とこよのはらえがたな

作・演出:大沢由加子
共演  :小野塚老、宮城未蹴

2009年11月3日(火祝)、7日(土)、8日(日)
17時開演(開場は30分前より開始します)

目白・ギャラリーゆうど
東京都新宿区下落合3−20−21
03−5996−6151(公演中のみ)

料金:1000円(全席自由)

目白の古民家ギャラリーという雰囲気のあるなかで、3人の役者が繰り広げる古典ファンタジー。
お時間ある方はぜひお越しください。
posted by まけあじ at 23:12| 久保寺暁子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。